Art Center Ongoing

SEARCH EXHIBITION & ARTISTS

おなじみのうごき

大石一貴 × 光岡幸一

2022.05.06[金]_ 2022.05.22[日]※最終日18:00迄
水木金 18:00‒21:00|土日 12:00‒21:00(月火定休)入場料: 400円(セレクトティー付き)

光岡さんと二人展をすることが決まり、展示名を決めるために吉祥寺の喫茶店で2人でお茶をした。
展示のテーマは前から決まっていて、それは「重力、引力」だったのだが、数回ミーティングを重ねても実際の展示名は決まっておらず、この日は決定することを決定してお茶をした。
事前に、僕がこの展示に向けて制作中の映像作品を光岡さんには渡してあって、それに光岡さんに即興でアテレコをしてもらい、出てきたセリフで良いワードを見つけることになっていた。
「光岡さん、重力とか引力ってそこにあるはずなのに目には見えないですし、抽象的に別の言葉で言い表せないでしょうか」
だいぶ無茶に投げてしまったが、光岡さんはいつも通りの軽快さでセリフを映像に被せていた。

「あああ〜なんだこれは〜〜〜」
「あああ〜〜またこれだ〜〜」
「あああ〜〜おなじみのうごき〜〜〜」
「あああ〜、これは〜〜〜おなじみのうごき〜〜〜〜」

鉛筆や草やスプーン、石がただ回るだけのシーンになる度、光岡さんはその言葉を繰り返した。
ハッとした。〇〇くらいハッとした。
地面に足を踏み出せば前に進むし、寝転がれば床にペターっと張り付く。高い所の荷物を取るにはジャンプしてズドンと着地するしかない。重力によるお馴染みの動きで僕らは地球に転がっている気がしてきた。
すごい!!いい言葉!!決定!!!
「おなじみのうごき」
という経緯で決まった展示名です。ぜひお越しください。

2022.5.5 (こどもの日)

あとは、
どのくらいの時間を止める?空間を留めることに関係しそう。僕らは外に出たいし、外はぐるぐる回ってる。あるものとないものをくっつける。あとは離れ離れになるから受け身。
今日の光は明日には残ってない。日光は数分前の太陽の影だったり。あー反射してら、こっちを見てる。事細かに名前をあてがうことでしょう。

大石一貴

会期中イベント

5月7日(土)19:00〜
オープニングパーティー
1,000円(軽食+1Drink+入場料)

5月14日(土)19:00〜
天体観測ディナー
1,000円(天体観測+軽食+1Drink+入場料)
オンゴーイングの屋上時で天体観測しながら夜ご飯(天候により観測できない場合があります)

5月21日(土)15:00〜
Ongoing School

1,000円(お好きなケーキ+1Drink+入場料)
中高生にもわかる作家本人による展示作品解説


キャプチャイメージ:大石一貴《公転》2 0 2 2 |タイトルドローイング:光岡幸一
本展企画:大石一貴 × 光岡幸一

大石一貴

https://www.kazukioishi.com/ 彫刻家1993年山口県熊毛郡生まれ。東京都在住2016年、東京造形大学彫刻専攻卒業2018年、武蔵野美術大学大学院彫刻コース修了 個展2018年「10月11日に片 […]

光岡幸一

http://mitsuoka.info/ 1990  愛知県 生まれ2009  武蔵野美術大学 建築学科 入学2016  東京藝術大学大学院 油画科 修了 展示2012/07 群馬青年ビエンナーレ2012 入選 (群馬 […]