2021.02.17 [水] - 2021.02.28 [日]
18:00集合 18:30スタート 定休:月、火
私がずっと若かったころ、五十歳になればわかるようになるよと言われた。私は今五十歳だ。なんにもわかっていない。
ーエリック・サティ


お金を貯めていつか、アートセンターを建てたいんだ。美術について知っている知ってないに関わらず、話ができて、いつも最高に激しい作品が展示してある。そんな場所を作るのが夢なんだ。
ー小川 希


今回はオンゴーイングの過去作を展示に入れるキュレーションを考えてみる、という事をやります。
アムステルダムのアートセンター デアペルに2012年に行った時にやってた展示を観て驚いたのは新作とずいぶん前の白黒のパフォーマンスの映像(白黒フィルムの映像で終わりにデアペルのロゴが出てくるところから、この作品はデアペルで過去に発表されたものであり何らかの権利をデアペルがもっている事が予想される)が同時に展示してあったとこだった。こういうのオンゴーイングでも出来たら良いのにな、階段の壁の所にちっちゃいモニターで例えば和田ちゃんの昔のパフォーマンスの映像とかがあって、例えばポリティカルなテーマの企画展だけど厚みがでて、なおかつそれがそのスペースのアーカイブの中からサラッと出してるみたいなの出来たらカッコいいのになぁ、と思った。
デアペルのホームページのpastの欄をクリックすると見たい年の展覧会の一覧が選べるのだが、1番古いのは1974年のBarbara Bloomの展示を見る事ができる。こういう歴史的厚みみたいなのを感じさせるやり方ってヨーロッパの美術のカッコいいところだな、と素直に憧れる。

まとまった時間が経つと作品ってカッコよくなるよね、なんでだろうか。
きっと過ぎていった時代がアウラみたいに変容して映像の絵肌なんかに取り憑くんだろう。たとえば和田ちゃんの作品とかだってそういう風に扱われてるところが見てみたい。そうやって過去の作品が持っていたラディカルさをリスペクトを持って扱う事で現在の跳躍の高さが解るんじゃないか? もしかして、それをやらないスペースは成長しないまま擦り減るんでは?
草臥れた老兵をただ追い出すのでは無く、彼らの残骸でまだ遊べると思う。

そんな事をオンゴーイングはやった方が良いのではと小川くんに提案した所からこの展覧会は始まった。(まだまだ始まらないが。)
例えば12年前の作品を再制作してもらって、あるテーマをもって並べる。それだけでも面白い展覧会ができるはずと進言すると、「じゃあ正也やってよ」と小川くんに言われた。なんで俺がやんのよ?わけわかんないけど、言い出しっぺという事で、面白そうだし、タイミング的にバッチリ時間あるし、やってみる事になったというのがこの企画のはじまりです。

あまり事を急がずまずは小川くんと話すところから展覧会を作っていこうと考えています。
勿論僕は40になったけど、なにもわからいので皆さんにアドバイスを求めるのでメールか電話で連絡します。

千葉正也