2020.11.18 [水] - 2020.11.29 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 入場料:¥400(お菓子付き)
『ブレイン・シンフォニー』は、わたし自身の個人的な体験として、また社会における集団的な体験としての「記憶の儚さ」について考えることから出発して制作された映像詩です。
わたしはこのところ忘れっぽくなってきて、人の名前や固有名詞が出てこないことがよくあります。何かを思い出すことができないとき、自分と一体であったはずの自分の脳が急にアクセス不能なものとして、異物感をもって立ち現れます。そして、それがこの先さらに自分の制御の及ばないものになっていく可能性を直感し、恐怖を感じます。そのようなとき、自分の頭から脳を取り出して点検し、また頭に戻せたらいいのにと思うことがあります。

何かを思い出せないということは、そこにあるはずの情報を読み出せないと言い換えることができるかもしれません。映像を制作している自分にとって、その状態は、これまでつくってきた作品を保存しているハードディスクが壊れて作品を失ってしまうことを連想させます。または実家に眠っている、もう使われなくなったVHSやフロッピーなどの記録メディアを思い起こします。そこにはデータが格納されていますが、それを適切に読み込む機械を持たない限り、それは地面に転がる石のようにただそこにある物体となり、情報にアクセスすることはできません。

記憶と記録。

鳥取県で発掘された弥生人の頭蓋骨の中に、奇跡的に脳が残っていたそうです。研究者はそれを解析し、弥生人が見た風景を映像に再現することを夢想しました。しかし今の技術ではそれは不可能だったため、弥生人の脳は未来に向けて厳重に保管されています。

別の視点。常に揺れ動き、改変され、薄れて消えていくことについて。移動し続ける砂丘の砂。それを吹き飛ばす風。風によって電力を発生させる風力発電所。わたしたちが使っている電気。わたしたちの脳内で情報を伝達している電気信号。電気刺激によって脳の機能を高めようとする人たち。データを記録するメディアの進化。砂丘にできる風紋の波形と電気の波形の類似。エトセトラ。

——
この展覧会はホスピテイル ・プロジェクトでのレジデンスプログラムによって制作され、現在も鳥取市の旧横田医院にて開催中の同名の展覧会『ブレイン・シンフォニー』をArt Center Ongoingの空間に構成し直したものです。
作品内の造形物の制作において高石晃さん、写真作品の撮影において田中良子さん、音楽と録音においてやぶくみこさんにコラボレーションをお願いしました。
——


<会期中イベント>
イベントは全てオンラインで行います。以下から登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UC0j0haeaBVhEJxybms3YUrw?view_as=subscriber
Art Center OngoingのnoteおよびPyaPayによる投げ銭制です。

■■■
11月21日(土)19:00〜
「オンゴーイング・スタジオ 2020/11/21」
Pre Ongoing School
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャーを、インターネットで配信します。


■■■
11月26日(木)19:00〜
くちびるから散弾銃 第二話
「最近おしゃべりもなかなか難しい」
どうしたの麻衣子?おしゃべりが難しいなんてあなたらしくないじゃない。近頃よく聞くアイデンティティ疲れ?とりあえずハーブティーでも飲んで愚痴ってみてよ!
ゲスト:百瀬文(アーティスト)
—-
地主麻衣子と百瀬文による、おしゃべりとおしゃれ心をくすぐる探求のセッションをオンライン配信いたします。