2020.03.04 [水] - 2020.03.22 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 入場料:¥400(セレクト・ティー付き)
■■■
3月7日(土)18:00~
トーク「『描かれたプール、日焼けあとがついた』とする」
(トーク終了後にオープニングパーティー)
ゲスト:大木裕之、長田奈緒、高石晃(中継)、松本玲子
参加費:1000円(軽食+1drink+入場料)

齋藤春佳と松本玲子が企画し今年6月に実施されるグループ展「描かれたプール、日焼けあとがついた」 https://poolhiyake.wixsite.com/website 出展作家(大木裕之、長田奈緒、齋藤春佳、高石晃、冨井大裕(今回欠席)、松本玲子)によるトーク。描かれたプール的作品とは?日焼けあと的作品経験とは?参考作品や本展示から読み解きつつ、話しことばでのドローイングを試みます。

*今回オープニングパーティーは、取り分け形式ではなくて、免疫強める薬膳料理をおひとりずつお渡しする予定です。


■■■
3月14日(土)19:00~
ライブ
出演:ほいぽい
1ドリンクオーダー(入場料別)

池田諒の歌、齋藤春佳のバイオリンからなるユニット。今は言葉の歌声起源説が気になっている。 ユニット名はスペイン語で「今日/hoy」、タミル語で「行きます/poy」。


■■■
3月15日(日)15:00~
Pre Ongoing School
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー。
お好きなケーキとお飲物がついてきます。
料金:1500円 (ケーキとドリンク付き、先着30名様)


■■■
3月21日(土)19:00~
トーク「読むこと/見ることを生きる」
ゲスト:保坂和志(小説家)
参加費:1000円(1drink+入場料、先着30名様、要予約)

予約はinfo@ongoing.jpもしくは、0422-26-8454まで。 ご氏名、ご連絡先、人数および 『3月21日(土)トーク ゲスト:保坂和志 』 のチケット希望の旨をお伝えください。電話受付は月、火をのぞく12:00~21:00まで。受け付け完了は、メールにてお知らせいたします。

絵画制作において、自分のおこなっていることが、時空間を生きることの実録にはなりきらない気配。そこにこだまする"わたしは読書、本を読むこと、文章を読むことの何か、いや何が実録になりうるのかと考えている。"(保坂和志「読書実録」p.21より抜粋)という言葉。読むことと書くことが同時に発生する"筆写"が、実際におこなわれているという形で冒頭に登場する小説「読書実録」から派生してお話をお伺いします。


■■■
3月22日(日)18:00~
トーク「日焼けの輪郭」
ゲスト:長田奈緒、高石晃(中継)、冨井大裕、松本玲子
参加費:1000円(新聞+1drink+入場料)

「描かれたプール、日焼けあとがついた」 https://poolhiyake.wixsite.com/website 出展作家によるトーク。齋藤が他の作家に聞きたいこと「名付け」「モチーフ」「メモ」「反復」などのキーワードを手掛かりに、この世界で展覧会を開催することとその可能性について、お話しできたら…。

✳︎日焼け新聞『ライン』配布付き。