2019.11.27 [水] - 2019.12.01 [日]
12:00-21:00 入場料:¥400(セレクト・ティー付き)
■■■
LaetitiaのOngoing AIR 滞在報告会
12/1 (日) 19:00~
Ongoing AIR(オンゴーイング・アーティスト・イン・レジデンス)第35弾、
ポルトガルからやって来たラティシアことLaetitia Moraisが見た東京、そしてオンゴーイングはどんなものだったのか。お別れパーティーをかねた報告会。
参加費:¥1000(軽食+1drink+入場料)

<以下作家本人より>

【仕事モード】と【仕事をしていないときのモード】で人々のふるまいが変わるということは、日本文化とヨーロッパ文化のちがいとしてよく挙げられる点です。本展覧会では、こうした日本社会に見られる様々な【型のようなもの】について考えるための「出会い」を用意します。

私はポルトガルで生まれ育ったので、私の頭の中にあるアジア文化に対するイメージは必然的に西洋化されたものです。ですが外国人だからこそ持てるメタ視点で、日本の皆さんとは異なる考え方や組み合わせを提示することができると思います。

本展覧会タイトル『double-double』には、2つ意味があります。まずひとつめは私の外国人としての視点に関係があります。
もうひとつはOngoingの2階屋上(*訳注)で行った短いコラボレーションに由来します。私たちは屋上で、アンダーグラウンドカルチャーシーンについての対話を行い、さまざまな形でアンダーグラウンドカルチャーを「上の階」に持ち込みました。
このようにして日本的な「秩序」と「無秩序」を行き来する構造を考えました。

本音と建前が絡まりあう社会的言動や、高級素材(木材や和紙など)でつくられたフェイクな複製品。あるいは会社における規則、そして仕事(後)の飲み会。日本社会には、人々が「規律正しく振舞う場面」と「制御不能になる場面」の両極端のものが同居しているように思えます。私は、日本の「自然(台風、地震、山など)」と「目に見えないものを重んじる文化・精神性」の両方が、こういった日本人の気質に影響しているのではないかと推測しています。

10月初めにスタートしたこの東京滞在で、私はunder-ground(地下)& above-ground(地上)のシーンで、いろいろな話、もの、イメージに出会いました。本展覧会では、これらの「出会い」を組み合わせ、日本社会システムの課題をうつしだす形で再構築を試みます。

- - -
(*訳注:日本ではOngoingの屋上は3階にあたるが、ヨーロッパではGround floor<日本の1階>、1st floor<日本の2階>、2nd floor<日本の3階>という形で、日本の感覚と1つずれる。そのためLaetitiaにとってOngoingの屋上階は2階となる。)

SPECIAL THANKS TO:
Art Center Ongoing
Nozomu Ogawa
Atsuhiro Ito
Aida Mizuki
Masaharu Kuramochi Giaco Schiesser
Fundação Oriente
The National Museum of Art Okutama (MOAO)