2016.12.07 [水] - 2016.12.18 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 入場料:¥400(セレクト・ティー付き)
※全イベントで進藤冬華のパフォーマンスが行われます。

■■■
12月10日(土) 19:00~
オープニングパーティー
参加費:1000円(軽食、1drink付き、入場料込み)


■■■
12月11日(日) 19:00~
ゲストトーク
ゲスト:四方幸子
参加費:1000円(1drink付き、入場料込み)

四方幸子(しかた ゆきこ):キュレーター。多摩美術大学・東京造形大学客員教授、明治大学兼任講師、IAMAS(国際情報科学芸術大学院大学)非常勤講師。AMIT(Art, Media and I, Tokyo)ディレクター。アートと科学を横断する数々の展覧会やプロジェクトをキヤノン・アートラボ(1990-2001)、森美術館(2002-04)、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC](2004-10)キュレーター、またインディペンデントとして国内外で実現。国内外の審査員・共著多数。近年の仕事に札幌国際芸術祭2014(アソシエイト・キュレーター)、KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭(キュレーター)がある。


■■■
12月17日(土)15:00~
Pre Ongoing School(先着30名様)
1500円(お好きなケーキ+1drink+入場料)
作家本人による展示作品の解説を含めてのレクチャー お好きなケーキとお飲物がついてきます


■■■
12月18日(日) 19:00~
ゲストトーク
ゲスト:うらあやか、濱田明李、二十二会(渡辺美帆子、遠藤麻衣)
参加費:1000円(1drink付き、入場料込み)

うらあやか:1992年神奈川県生まれ、武蔵野美術大学油絵学科卒業。
相反する物事(例えば大勢とひとりぼっち、見る側と見られる側、過去と現在等)を反転若しくは攪拌する装置としての作品を目指す。
主なグループ展にTERATOTERA(三鷹 2016年 東京)、PARTY(ArtCenterOngoing 2016年 東京)、アート市原(旧里見小学校 2015年 千葉)など。
urayaka.jimdo.com

濵田明李:1992年高知県出身、東京都在住。武蔵野美術大学油絵科卒業。自作の物体や拾ったものなどを使ったパフォーマンスアート作品をライブで発表する。ゆっくりうごく。最近の主なパフォーマンス出演は吉原芸術大サービス2016(台東区浅草吉原界隈)、シーサイドプールサイド(稲毛海浜公園)、どうぶつえん by aokid(代々木公園および京都鴨川ほとり), 2013-2016 NIPAF International&ASIA, IN : ACT NIPAF WS(ハノイ、ホーチミン)など。

二十二会:
渡辺美帆子と遠藤麻衣による演劇ユニット。発表の場は、美術館、劇場、オルタナティブ・スペースなどさまざま。演劇を構成している「演出家」「俳優」「観客」といった素材を使って遊びます。主な発表は「へんなうごきサイファー」(MOTアニュアル2016 キセイノセイキ/東京都現代美術館,2016)(千住フライングオーケストラ/足立市場,東京,2014)、”Cut Piece”(N.N.N.5/STスポット,神奈川,2014)、「二重にたぶらかす」(blanClass,神奈川,2014)、「目に殴られた」(22:00画廊/東京,2014)など。
チャット終了

渡辺美帆子 Mihoko WATANABE
(http://watanabe.s306.xrea.com/watanabemihoko.com/index.html)
1987年東京都生まれ。演出家。渡辺美帆子事務所主催。2010-2013年青年団演出部所属。劇場に女性を展示したインスタレーション型演劇作品「点にまつわるあらゆる線」(2012)、人形を街角に置き、そのデータを元に俳優の人格形成を行う演劇作品「次、誰か、よろしく!」(2012)等を創作。

遠藤麻衣 Mai ENDO
俳優・美術家。東京芸術大学美術研究科博士後期課程在籍。主な作品に「あなたに生身の人間として愛されたいの。」(MOTアニュアル2016 キイセイノセイキ/東京都現代美術館)、「ボクは神の子を妊娠した。」(キュレーション:飯盛希/TAV GALLERY, 2015)、「アイ・アム・フェミニスト!」(コーディネート:河口遥/GALLERY BARCO, 2015)。主な出演に《へんなうごきサイファー》(二十二会, 2014~)、《イスラ!イスラ!イスラ!》(岡崎藝術座/三重県総合文化センター, 2016)《始末をかく》(戯曲:岸井大輔, 2013~2018)。
http://maiendo.net/