2016.11.30 [水] - 2016.12.04 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 入場料:¥400(セレクト・ティー付き)
■■■
12月4日 (日) 19:00~
ヘレナのOngoing AIR 滞在報告会

Ongoing AIR(オンゴーイング・アーティスト・イン・レジデンス)第18弾、
スコットランドからやってきたヘレナことHelena Hamilton。ヘレナが見た日本、東京、そしてオンゴーイングはどんなものだったのか。
お別れパーティーをかねた報告会を開催します。
ぜひ皆様、お気軽にご参加ください。

参加費:1000円(軽食+ワンドリンク付き、入場料込み)


Helena Hamiltonは1986年北アイルランド生まれ、ベルファスト在住。2009年にアルスター大学においてファインアートを専攻し、学士号を取得。2014年にクイーンズ大学ベルファストの音響芸術研究センターにおいて、音響芸術学で修士号を取得。これまで国内およびイタリア、ベルリン、ニューヨークなどさまざまな場所で作品を発表し、北アイルランドのアーツ・カウンシルでACES賞を受賞するなど、国内外で高い評価を得ている作家です。今回、Ongoing AIRで3回目の試みとなる相互派遣プログラムとして、ベルファストのFlax Art Studioから招聘しました。

ハミルトンは近年、コンピュータプログラミング、ヴィジュアルアート、音を組み合わせたインタラクティブな作品を制作しています。自作ソフトウェアやハードウェアデバイスを自在に構成し、身体が没入できる音響空間を創りだします。プログラミングによるリアルタイム処理を用いて、鑑賞者の何気ないジェスチャーに合わせて音と光を操作するインスタレーションなど、音と身体感覚のつながりを探る不思議な空間へと誘います。

2ヶ月間のOngoing AIRの滞在の中で、ハミルトンは新しい体系の作品に取り組みはじめます。それは大勢の人々、出来事、場所が混在するなかで、一定のシステムがきちんと機能し、秩序が保たれている東京という地の独自性に驚きを感じたことから着想を得ています。どれほど混雑し、騒々しく、極度に限られたスペースでも、決して無秩序になることはなく、非常に丁寧に守られている秩序。その経験は作家に新たな素材の考察に向かわせました。

本展「Order, Effect」では、あえて紙と音という2つの素材にこだわり、一貫して、反復、簡素、秩序、影響といったテーマを映し出します。限定した素材にしたがって、さまざまな戦略的決定をおこなうプロセスで、作家はどんな秩序を見出したのでしょうか。本展で開始した作品は、今後も継続的なプロジェクトとして実験を続けていきます。


以下展覧会に際し、ヘレナが寄せてくれた文章です。

This exhibition will show the beginnings of a new body of work I have been researching and creating here in Tokyo. Running themes include repetition, simplicity, order and effect; following the materials - paper (both Japanese paper and regular drawing paper) and sound (a composed work from daily recordings throughout Tokyo and in my studio).

One of my main experiences here has been the juxtaposition of a uniquely defined and extremely successful structure within the masses of people, happenings and places…I have never before experienced order like here in Tokyo, where no matter how busy, loud or intense a given space is there is never disorder, and this order is followed in a very diligent and polite manner. Without consciously meaning to, this has become evident in the work that I am producing through different strategic decisions made throughout the process of experimenting and creating whilst following the materials I have chosen to use.

This work will continue to develop when I return home.

I would like to thank Art Centre Ongoing, Flax Art Studios, The Arts Council of Northern Ireland and The British Council for giving me the opportunity, time and support to begin creating this new body of work in Tokyo - this time and experience have been invaluable and I am very grateful.

Supported by:

20161130-glant.jpg