2015.03.25 [水] - 2015.04.05 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 入場料:¥400(セレクト・ティー付き)
企画:佐塚プロダクション(赤石隆明、小鷹拓郎、永畑智大)
<展覧会概要>
今年30歳を迎える佐塚真啓は、国立奥多摩美術館の館長として知られている。しかし、アーティストとしての佐塚真啓を知る人はほとんどいないのではないだろうか?
2009年に武蔵野美術大学造形学部を卒業した佐塚だが、不運にも展覧会の機会に恵まれず、様々なアルバイトをしながら献身的に他のアーティスト達をサポートしてきた。
佐塚をよく知るアーティスト達から聞こえてくるのは、アーティストから見ても常軌を逸した思考回路と、破天荒なエピソードの数々だ。代々木体育館で開催されたファッション展示会 「rooms」では、三日間トイレにも行かない人間時計になり、学生の頃は同じ植物の絵だけを一年間描き続けた事があった。
それでも無限の体力と底無しの気力を抑えきれない佐塚は、あらゆる表現を模索する。絵画、漫画、写真、映像、パフォーマンス。
佐塚の摩訶不思議な理論によって産み出された膨大な作品群は、今は誰にも理解されぬまま、静かにその時を待っている。
本展では、国立奥多摩美術館に参加した三人のアーティストが中心となり、知られざる 「アーティスト・佐塚真啓」に焦点を当てていく。
同世代のアーティスト達から最も注目される無名のアーティスト、佐塚真啓の真の姿がここにある。
(文=佐塚プロダクション)


■■■
3月26日(木)19:00~
「風と土と未来のはなし」トーク
ゲスト:関野吉晴(探検家) 、佐塚真啓
参加費:1000円(1drink付き、先着30名様)


■■■
3月27日(金)20:00〜
オンゴーイングの文化の日
「政治と芸術」第三回
参加費:ワンドリンクオーダー

以下、Art Center Ongoing代表の小川希より「政治と芸術」第三回の告知です。

*********
みなさま
こんにちは。今日はまた久しぶりにちょっと真面目なお知らせです。

僕には兄が二人いて、一人は沖縄で編集者をしています。その兄のfacebookからは、彼の住む土地・沖縄にまつわる記事が連日流れてきます。最近は、沖縄の米軍普天間飛行場の移設先とされる「辺野古」をめぐる問題が多く、そのほとんどが東京の新聞やニュースで報道されないものばかりで、その内容にとても驚いてしまいます。同じ日本の中で、しかも相当にやばいことが実際にいま起きているというのに、なにも知らない、なにもできない、そんな自分に対して一番驚くのです。

それで、またそろそろ第三回をやらなくてはと思ったのです。
第三回は、沖縄から考えを進めていければと思います。基調講演は、昨年Ongoingのレジデンスに滞在した沖縄出身の作家、吉濱翔くんが引き受けてくれました。

20150318-yoshihama.jpg
吉濱翔
1985 沖縄県出身
2010 沖縄県立芸術大学美術工芸学部絵画専攻卒業
意識の差で立ち上がる音をコンセプトに、日用品を使用し集団演奏プロジェクトの展開や、フィールド音などを使い即興演奏を行うなど、演奏行為を通して美術・音楽表現を行う。主な個展に「魂のゆくえ」Art Center Ongoing(東京、2014)、「身体の記憶たちは戻ってゆく 感覚を体感している」ギャラリーラファイエット(沖縄、2013)、「海の声」CASA ASIA(バルセロナ、2012)、グループ展として「アラフドアートアニュアル2014」土湯温泉町(福島、2014)、「黄金町バザール2014」黄金町(神奈川、2014)、「TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL」トーキョーワンダーサイト(東京、2012 - 2013)、「VOCA展2012」上野の森美術館(東京、2012)など。TOKYO DESINERS WEEK 2014 ASIA AWARD アート部門においてグランプリを受賞。

吉濱君、とても面白いアーティストです。彼がOngoingに滞在している間、沖縄の歴史や現在置かれている状況について沢山話をしました。アーティストとして政治や社会とどう関わっていくのか。興味深い話が聞けると思います。
それと、もうひとつ。当日はインターネットを使い沖縄とリアルタイムで繋がろうと思っていて、沖縄のアーティストやアート関係者の話を直に聞けると思います。沖縄側のホストは僕の兄が務めてくれる予定ですが、こちらについてもメンバーが分かり次第、随時お知らせしていきます。
政治のことをあまり知らない、沖縄のことをあまり知らない、それでも今生きていて、想像力を働かせることはできる、そんなあなたにぜひとも参加していただければと思っています。沖縄のことだけを話すのではなく、今の自分たちのことをバラバラでもいいのできちんと話せたらいいと思っています。興味のありそうな人にも拡散していただけたら、なお嬉しいです。
それでは、第三回もどうぞよろしくお願いします。
*********


■■■
3月28日(土)19:00~
「佐塚真啓出演映画祭」 オープニングパーティ+上映会
参加作家:有賀慎吾、後藤てるみ、山本篤、和田昌宏、ほか。
参加費:1000円(軽食、1drink付き、入場料込み)


■■■
3月29日(日)19:00~
「ファイナルバトル!佐塚真啓 vs 蜷川千春」トーク
出演:蜷川千春、佐塚真啓
参加費:無料


■■■
4月4日(土)19:00~
「前衛のゾンビは地域アートの夢をみるか? 2」トーク
出演:藤田直哉(文芸評論) 、じゃぽにか(アート集団)、佐塚真啓
参加費:1000円(1drink付き、入場料込み、先着30名様)


■■■
4月5日(日)15:00~
Pre Ongoing School
「佐塚真啓とは何なのか?」
佐塚プロダクション(赤石隆明、小鷹拓郎、永畑智大)による展示の解説とレクチャー。
お好きなケーキとお飲物がついてきます
料金:1500円 (ケーキとドリンク付き、先着30名様)


※「佐塚プロダクション」とは?
本展をプロデュースするために結成された特別チーム。メンバーは、キャノン写真新世紀に選出され、木村伊兵衛賞にもノミネートされた写真家・赤石隆明、2012年までリサイクルショップこたか商店を経営し、現在は国内外の展覧会に参加している映像作家・小鷹拓郎、佐塚真啓の盟友で、奥多摩を代表する彫刻家・永畑智大の三人で構成される。
20150318-production.jpg

※「国立奥多摩美術館」とは?
都心から電車で約一時間半の山奥にある旧製材所を改装した美術館。2014 年に開催された「13日間のプレミアムな漂流」はネットや口コミで話題となり、わずか13日間で1000人を集客した。佐塚はこの美術館の館長として尽力し、その無類の存在感から黄色い声援が飛び交う程であった。