2009.07.29 [水] - 2009.08.09 [日]
12:00-21:00 定休:月、火
 休日は、家に一人でいる時間が長い。本を読んだり美術館に行ったりといった人並みの過ごし方をすることもあるけれど、特に何もせず考え事だけをしていることが思いのほか多い。何か悩みを抱えているのかといえば、そんなこともなく、ただぼんやりと思いを巡らせ自分自身と会話を続けるといった感じだ。時に、意識が大きくなり過ぎてしまい、鏡に映った自分に対し、自分はこんな顔だったか?と違和感を覚えることがある。精神と肉体にズレが生じはじめてしまったのか。そんな時は「このままではまずい」と、外の空気を吸いに家を出て、精神の先走りを正そうとする。  程度の差はあれ、こうした「肉体と意識」あるいは「精神と物質」みたいな問題は、誰しも一度は考えたことがあるのではないだろうか。私の経験上、アーティストと呼ばれる人々には、幾度となくそれらについて考えを巡らせている場合が少なくない。そもそも自分という存在を形作っているものはなにか。鏡に映る肉体的なものか、あるいは目に見えない意識や精神のようなものなのか。答えのでない問いをアーティストは延々と自問自答する。松原さんのこれまでの作品を見る限り、彼女もその例外ではない気がする。作品タイトル中で使われる「存在」「架空の」「未確認」といった言葉が、その問題に対する彼女の興味を物語っているからだ。  もちろん、松原さんの作品は「精神/物質」という単純な二項対立の概念からできあがっているわけではいない。他者という要素を巻き込むことで、そこで生まれる会話や、記憶、イメージ等が、彼女の作品をより複雑なモノに変え、その全貌を掴むことを困難にする。松原さんが作り出しているのは、具体的な何かというより、ある状況や状態といった方が的を得ているのかもしれない。  物質的な現実世界を無視し、精神世界のことだけを考えだすと、何処までが自分で、何処からが他者なのか、境界線を引くことすら難しくなる。「存在」や「意識」について思いを巡らせたところで、おそらく明確な答えは出せないだろうし、それどころか日常生活に支障を来すことさえあるので、多くの人はその問いをなかったことにする。けれど松原さんは、その問いに向かい合わざるをえない状況を自ら作り出し、人間という存在の不確かさから目を背けない。そこには哲学者のような苦悶はなく、むしろ楽しそうにさえ見えるから気持ちがいい。などと、松原さんの表現世界について思いを巡らせ、精神の先走りを結局は許してしまう私の休日なのであった。

Art Center Ongoing
代表 小川希


■■■
7月29日 (水) 19:00~
オープニングレセプション
:詩、真夏の夜の音楽、虫の声、一晩の音環境は、そのままその夜にパブリッシュされ、訪れた誰もが持ち帰ることができます.
音楽セレクションはPMKFA (It's Our Thing), EGA (One Hand Clapping), SATOSHI (Meteor)


■■■
8月1日 (土) 19:00~
OPEN CINEMA|特別上映会
上映作品1『MY IMAGINARY LAGOS|私の(架空の)ラゴス』
(2009, 松原慈, 日英)
  
:架空のラゴスを写真と映像とで記録した未発表のショートドキュメンタリーを上映します。上記の作品に関連し、木更津市の児童養護施設とラゴスの孤児院にて、「(架空の)」をテーマにした子どもたちとの対の作品制作が行われました。上映後のゲストに、ワークショップをオーガナイズした、ナイジェリア人ファッションデザイナー・Gozi Ochonogorを迎え、ラゴスについて、出会った子どもたちについて、「私の(架空の)」について、紹介します。

上映作品2『比較的短い時間単位内の数人の人物の通過について』
(1959, ギー・ドゥボール, 仏)
:ギー・ドゥボールによる伝説の映画作品を、特別日本語字幕付で上映します。ドゥボールは、1952年から1978年の間に6本の映画を作りましたが、84年に映画のスポンサーであったジェラール・レボヴィッチが暗殺され、以来約20年間、それらの映画作品の上映は、本人によって禁じられていました。オープンシネマでは、その中から一本を少し変わった字幕方式で上映します.
入場料:1000円(2作品同時上映, 1drink込み)


■■■
8月8日 (土) 16:00~
DISTRACTED TEA PARTY|落ち着かないお茶会
ゲスト:荏開津広氏 &
:ゲストスピーカーに、荏開津広氏(音楽評論家)を迎え、特別な視聴覚環境のもと、対話の(不)可能性を探求します.氏の近著『人々の音楽について』の紹介に始まり、朗読、映像、クッキー、紅茶、とりとめもない断片に、ゲストとオーディエンスが絡み合い、今もさっきもあとでも同時に起こる、落ち着きのないお茶会となるでしょう.
入場料:1000円(1drink込み)


■■■
8月9日 (日) 15:00~
Pre Ongoing School
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー。
お好きなケーキとお飲物がついてきます
料金:1500円 (ケーキとドリンク付き、先着30名様)

matsubara_01.jpg

matsubara_02.jpg

matsubara_03.jpg


松原 慈 |MEGUMI MATSUBARA

megumimatsubara.com
www.withassistant.net

| 生年 |
1977年生まれ。東京で育つ。

| 学歴 |
2003-2004 ロンドン大学バートレット建築学校 MA 修了
2001-2003 東京大学大学院 学際情報学府 修士課程 修了
1999 在学中 東京都現代美術館/ブリヂストン美術館にて学芸員研修
1997-2001 東京大学 工学部建築学科 卒業

| 展示、ワークショップ |
2009
「Whereabouts」 作品滞在制作 展覧会EMPORIUMに向けて ミラノ(イタリア)
「私の(架空の)ラゴス」 ワークショップ ラゴス(ナイジェリア)
2008
「私の(架空の)ラゴス」 ワークショップ 木更津(日本)
「絵本と、建築」 ワークショップ Archi-TV 建築会館 東京(日本)
「軽さ、または重さの絶対的不在」 公共彫刻 屋外展示 カウパレード 東京 (日本)
「同時に存在する8月のための日記」 オンラインインスタレーション
「ABSENT CITY」 インスタレーション Gallery LOOP ソウル(韓国)
「BOOJUM」 インスタレーション Diesel Denim Gallery 東京(日本)
「ABSENT CITY」 インスタレーション Gallery within assistant 東京(日本)
「半透明の街路」 展覧会空間 Mellow Fever展への空間的介入 Galerie des Galeries Galeries Lafayette パリ(フランス)
「存在しないカフェ」 インスタレーション 丸の内アートウィークス 東京 (日本)
「未確認記憶、未確認行為」 Post Coitum展  MHTギャラリー 東京(日本)
2007
「Probarious」 インスタレーション Diesel Denim Gallery 東京(日本)
「Woven Marionette」 展覧会空間 DesignTide: Tide Think展への空間的介入  国立競技場体育館 東京(日本)
「女性のネクタイ: Giraffeのため」 ギャラリー Mitate 東京(日本)
「Tremors were Forever : Remember Le Corbusier」ワークショップとインスタ レーション 森美術館 東京(日本)
「Opiate」 音楽パフォーマンス Gallery Vallery バルセロナ(スペイン)
「me, too.」 新宿アートインフィニティby Tokyo Wonder Site 東京(日本)
「Rock Garden for Vujj」 展覧会空間 ミラノサローネ Aria Savona ミラ ノ(イタリア)
「同盟のパターン」 インスタレーションとワークショップ Lab*Motion展  Tokyo Wonder Site Hongo 東京(日本) 「Green Winter」 音楽パフォーマンス Studio K 東京(日本)
2006
「Totoro House for Vujj」 展覧会空間 Covent Garden Film Studios ロン ドン(イギリス)
「Slow/Motion: Fieldworkshop」  ワークショップとインスタレーション 秋 吉台国際芸術村 山口(日本) 2005
「Tremors were Forever」 インスタレーション  Caniche Courageギャラリー  東京(日本)
2004
「Happy City」Canon Digital Creators' Contest 受賞作品巡回展 東京(日 本) ニューヨークメリーランド(アメリカ合衆国)
2003
「休日の問題カード」「休日の問題Tシャツ」 TANABATA.org展 せんだいメ ディアテークほか 仙台(日本)
2001
「Walk like a giraffe」 スキマプロジェクト2001 コマンドN 東京(日本)

| 関連書物 |
2009
Art and Design Magazine Beijing #109, Jan 2009, Asian Avant-garde, Megumi Matsubara portrayed by Hong Ye. FRAME, Issue #67, Mar/Apr 2009, Boojum reviewed by Masaaki Takahashi, A DAY DREAM featured in Vision section.
2008
New York Magazine, Dec 2008, Public Art proposal in Manhattan, work featured. Pen Magazine, Dec 2008, art issue, Megumi Matsubara portrayed. Nikkei Architecture, Sep 2008, People File #036 Megumi Matsubara portrayed by Hiroyuki Yokota. Yishu Journal of Contemporary Chinese Art, Volume 7 Number 4, July 2008, Mellow Fever reviewed by Beatrice Leanza. Numero Tokyo, May 2008, ABSENT CAFE introduced. Vogue Taiwan, March 2008, Assistant, Probarious featured by Jil Wu. When Space Meets Art, Art Meets Space, P024-027 (BOOK). FRAME, Issue #61, Mar/Apr 2008, Timberland store interior reviewed by Cathelijne Nuijsink.
2007
Harpers Bazaar Japan, No.080, May 2007, Tokyo New Power People, Megumi Matsubara portrayed by Sonoka Yasuda. etapes, December 2006, France, Totoro House featured. Tokyo Shimbun Newspaper, September 8, 2007, Tremors were Forever: Remember Le Corbusier reviewed by Yayoi Kojima. Eureka - Poetry & Criticism, May 2007, Tremors were Forever: Remember Le Corbusier.
2006
Tokion Japan, Volume 55, January 2007, Megumi Matsubara work/lifestyle portrayed. end extend, January 2006, France, Psychedelic Mantis House by Megumi Matsubara for Loris Greaud, P173-172 (BOOK).

| コミッション・賞 |
2009 野村国際文化財団助成
2004 バートレット建築学校 修了賞
 ウェブクリエーションアウォード
2003 キャノンデジタルクリエーターコンテスト マクロメディア賞
 ブリティッシュ・カウンシル・ジャパン奨学金
 IPA デジタル未踏ソフトウェア創造事業助成(2年連続)
2002 IPA デジタル未踏ソフトウェア創造事業助成  
ほか

| 略歴 |
松原慈の表現は、静的な建築から、つかの間の状況まで多岐にわたる。過去の制作活動は、空間造形、彫刻、音楽、文章、建築、都市研究など、いくつかの異なる分野で観察できると同時に、それら多様な要素が次元をまたいで重なり合い作品化していることも多く、その活動を一様に括ることは困難である。作品制作のプロセスで、分野や国境にかかわらず、しばしば他の専門家や芸術家とチームを組むことも特徴的である。
心理や意識の流れを重視し、立体物や多様なメディアを重層的に配置して構成する作品は、明白で一義的な解釈から常に逃れ、独特の浮遊感を保つ。不在の翻訳可能性や捉えられない意味への空間的介入は、経験詩の探求とも表され、解釈の拡散する余白をそなえている。 鑑賞者は、宙吊りにされた意味の証人として、特定の状況に招かれる。
領域融合的活動の先駆として、新時代クリエイティブを象徴するひとつの形となっているassistantの創設メンバーとしても知られ、文化機関や主要企業のアートディレクションやコンサルタントなども手がける。海外プロジェクトも多く、国外でもその活動が積極的に紹介されてきている。
東京大学およびロンドン大学大学院バートレット建築学校のピーター・クックの下で建築学を学び、東京大学大学院にて、学際的研究で修士を得ている。2006年から08年の間にロンドン・ミラノ・東京・パリにて続けて大型の展覧会空間を手がけ、2008年には東京とソウルにて、独自の都市研究に基づく複合的インスタレーション作品ABSENT CITYを発表。現在、2009年冬に東京の国立日本科学未来館で開催が待たれる展覧会のアートディレクションを行い、イタリア・ミラノと京都での展覧会参加を控えている。




アーティスト・インタビュー
幻の動物を追って
松原慈
聞き手=小川希


■バランスをとる

――― 松原さんのこれまでの活動を拝見すると、表現方法がその都度変化し、多岐に亘っているような印象を受けます。ご自身の中では、一貫したテーマやコンセプトといったものがあったりするのですか?

松原 最近はあるかもしれません。ただ、少し前までは目の前の環境に反応し、その度に何らかのアプローチをしていくといった感じでした。たくさんのことをやっているという意識はあっても、そこに何か一貫したテーマを設けて整理するようなことをしたくなかったし、する必要もなかった。一つのコンセプトを追いかけるという考え自体が、自分を怖がらせるような感じがしていたので。それが、去年ぐらいから気持ちが徐々に内側へ向かい始めました。私の作品を並べてみてもそんなには変化を感じてもらえないかもしれないけれども、制作のアプローチや作る時の考え方がこれまでとは随分と変わっていて、自分は何を考えてこんなことやっているのだろうか?と振り返れるようになってきた。そして、一貫したテーマと呼べるかどうかはわからないけど、自分の興味として最近自覚するようになってきているのが、「モノがそこにないこと」ということで、それがすごく気になっていますね。

――― いくつかの作品のタイトルにも、そういったニュアンスの言葉を使っていますよね。松原さんがおっしゃる「モノがそこにないこと」について、もう少し詳しく教えてもらえますか。

松原 ずっと、作ることで何かが立ち現れてくることはとても嬉しかった。今もそれは変わらないのだけれど、そういったモノが出来上がってくる場を「ポジティブ・スペース」とすると、その逆の「ネガティヴ・スペース」に私はすごく興味があるんだと思います。プリーツの襞のように、襞が逆転しないと見えてこない、いつも隠れている部分というか。

――― 松原さんの制作は、目に見えない存在に近づこうという行為のようなものなのでしょうか。

松原 私はそもそも、目に見える/見えない、聞こえる/聞こえない、数えられる/数えられない、などの境目がよくわからないんです。私が制作のプロセスとして重要視しているのは、そういう可/不可のどちらかではなく、その二つの間のバランスを取ることなんです。そのバランスが取れたときに、見えるものと見えないものとの境目がわからなくなるような状況が生まれる。でもそれって特別なことでもなくて、日常によくあることだと思うんですよね。例えば、雨の中で水たまりに建物なんかが映っていたとしますよね。でも雨で視界がぼやけているから、水たまりとそこに映った風景、そして本物の建物は、全部一つの風景として自分の中に入ってくるでしょ。だから、それが水たまりであるとか、そこに映った建物であるとか、そんな明確な捉え方は誰もしていないのではないかなって。遠くのガラスに映った東京タワーを本物の東京タワーに感じたり。実際に、それが本物でない理由も実はあまりないのではないかと私は思ってしまう。ある特定の状況ではみんなそういうことを日常的に感じているのに、水たまりに映ったものは存在しないと考えるのは、単なる一つの見方やルールなんじゃないかと考えてしまうんです。物質か精神か、みたいな話になってしまうかもしれないけど、その境目はもうちょっと繊細なもののような気がする。だから私は、モノを作るときは、そのバランスを取りたいと思っているんです。

――― 面白いですね。しかも、そういった抽象的な事柄を意識的にかたちにされているというのは驚きです。

松原 作品を生み出すと、それを見た人からいろいろな反応があって、会話が始まる。そういうコミュニケーションが影響して、自分の考え方も抽象的な事柄に焦点が合ったり、逆に外れていったりもします。その反応とかバランス感覚が、私にとって一番失いたくないものだと思っているんです。だから私は変わり続けていくし、それはただたくさんのことをやりたいというわけではなく、なんらかのバランスを取るためにはたくさんのものが必要だということ。いつも中心から逃れていたいという気持ちがあったり、何かに囲われそうになるとすぐそこから逃げ出すというのは、昔からの私の癖みたいなもの。だから一つ一つの表現が、ある種バラバラに見えることがあるかもしれないけど、実際には外すからこそ取れるバランスというのがあって、その調和というか不調和というか、どちらでもいいんですけど、それこそが私が追いかけているものなのかもしれません。


■個人の境界線

――― 松原さんの作品には、他者を入り込ませるための導線が必ず用意されているようなイメージがあります。先ほどの話とも通じるかもしれませんが、あえて他人を介入させ、自分の世界観を揺るがすといったことを意図していたりもするのですか?

松原 それはあるかもしれませんね。私は誤解とか翻訳されたコンセプトとか歪んだ記憶とか、そういうものがすごく好きなんです。なぜなら、そこでは自分が予想していなかったことや、ちょっとした不都合が起きてしまうから。私の作品では、完成したらそれで終わりというものではなくて、そこに他者が入り込むことで誤解や翻訳が生まれ、それが自分の作品世界に重層的な関わりを持つようになることを理想としています。自分だけをそんなに信じていないというか。作品自体は自分が作ったものであっても、どこかに提示した瞬間、そこで生まれる他人のイメージとの間に明快な境界線が引けなくなるような気がするんです。

――― 松原さんは、個人の表現活動の他に、複数の人とともにassistantという活動も展開されていますよね。それも個人の枠を超えたところでの可能性を見据えてのことなのですか?

松原 assistantに関して言うと、始めたばかりの時は自分と一体化していて、私=assistantで良かったんです。でも、しばらくして社会にassistantという活動が認められていくに従い、それは私とは別のものとして存在し始め、全然ネガディヴな意味ではなく、徐々に自分との間に摩擦が生じ始めたんです。assistantは、自分の子どもやファミリーみたいなものになり始めました。ときには一心同体のように、お互いに助け合う存在です。ただ今度は、assistantと私とのバランスを取るためにも、プロジェクトを多少分ける必要が出てきて。

――― プロジェクトを分けたことで、assistantではできなかったことができるようになりましたか?

松原 私は、制作活動の大概のことは一人ではできないと思っているんです。始まりは一人かもしれないけど、それが世の中に置かれるまでには様々な人が関わるし、私はその過程もすごく好きだったりする。だからassistantという活動を続けてきているというのもあるし。でも唯一、一人でしかできないことがある。それが詩を書くような世界です。詩の言葉はどこかから降ってくるもので、それを自分自身ですぐに書き留めなきゃいけない。それだけは、誰かに任せることのできない作業なんですよね。


■情景が降ってくる

――― 降ってくるのは言葉だけではなく、イメージみたいなものでもあるんでしょうか?

松原 詩というのは情景なんです。普通のプロジェクト・コンセプトのように理路整然とした言葉の場合もあるかもしれないけど、私の場合、個人的な作品であればあるほど、降ってきた情景が猪突猛進で進んでいく。

――― その情景とは、言語的なものではないということ?

松原 そうですね。「幻の動物」みたいな感じで、影は見えるんだけど尻尾を掴もうと思っても絶対に逃げられちゃうような。だからその情景が降ってきた正にその時に書いて閉じ込めておかないと、その気配すらわからなくなってしまう。だから、情景を急いで書き留めることは言葉でしたとしても、降ってきているもの自体は言葉ではないんです。心象風景とか意識そのものが降ってきていると言ったほうが近いかもしれない。

――― そうした言葉では捉えられないもの=アート作品だとすると、松原さんは他方で、誰が見ても納得できるようなデザインの仕事や、明快な文章、あるいは重厚な理論に基づいた建築作品なども手がけていますよね。ご自身の表現のアウトプット手段を状況に応じて意識的に使い分けたりしているのですか?

松原 そもそも私はカテゴリーや職業という概念を、幼い頃から理解できたことがないんです。ただ、モノを作る過程でたくさんの人が自分に意見を言ってくる場合と、本質的にはほとんど何も言われない場合があって、意見を言われないほうがどちらかと言えばアートなのかなとは思います。私にとってモノを作るという行為は、降ってきたものを自分の体を使って吐き出すようなもの。まさにそういう行為である詩を書くということは、たとえ紙とペンがなくても暗唱してしまえばいいし、そこにはたくさんのイメージが凝縮されていて、その重みはある一つの大きな建築に劣っているとも思わないんです。ただ、それが降ってきて私の口をついて出るまでにも、翻訳の過程が必ずあるんですよね。降ってきたものを現実化するには、どの素材が一番近いかとかどの色が似合うかとか、その過程で数えきれないぐらいのレイヤーが存在してしまう。だから私の中では、アートだから/建築だから/デザインだからといった区別をしてもあまり意味がないんです。私が生み出す様々な表現に境界線を見る人もいるかもしれないけど、自分自身では、プロジェクトに関わる人や意見が違うために、降ってきたものの翻訳プロセスが変わっているだけなんだと思っています。

(2009年6月15日、Art Center Ongoingにて収録)


助成:asahi.jpg